不妊治療専門病院で治療を受けよう|迷わず頼ることが肝心

ドクター

妊娠確率の高い受精方法

体外受精

体外受精は元気な卵子と精子を取り出して体外で受精させ、受精卵を母体に戻す不妊治療で、人工授精に比べて妊娠確率が高いのが特徴です。不妊治療専門のクリニックが多い大阪では、最先端の体外受精を受けられます。

もっと読む

女性特有の病気の検診

ナース

大阪の婦人科はとても多いです。病気の早期発見のために検診をしましょう。年齢に関係なく検診をすることで早期発見、早期治療で完治する病気もあります。体の調子が悪い時には、すぐに検査を受けましょう。女性の体は繊細にできています。

もっと読む

赤ちゃんを授かるために

医師たち

さまざま病院がある

赤ちゃんをなかなか授かる事ができず、不妊治療を考える時に大きな悩みになるのがどこの病院で行うかです。不妊治療は風邪やその他の病気と違い治るというものではなく、妊娠という結果が出て初めて終わりになります。その結果が出るまでは何度も通うことになります。そのため病院を選ぶことはとても大切です。不妊治療の方法は病院によって違い、患者さんへの接し方もそれぞれ違います。淡々と説明を行う病院や、患者さんに寄り添いながら時間をかけて説明などを行う病院もあります。そして、産婦人科が一緒になっている病院と不妊治療だけを扱う不妊治療専門病院があります。どこの病院を選ぶのかは個人の自由ですが、自分に合った病院に通うのが一番で、迷わず頼ることが肝心です。

メリットとデメリット

不妊治療を専門に行う不妊治療専門病院に通うのは敷居が高い印象がありますが、不妊治療専門病院に通うメリットは多くあります。不妊治療専門病院には、妊婦の方が通うということはないので、妊娠している方に気を使うという事がなくなります。また不妊治療は男性も行う必要がありますが、産婦人科などが一緒になっている場合は男性の待合室などが用意されておらず、男性の居場所がないこともあります。そして、一番のメリットは、先生が不妊治療をメインに行っているため、不妊治療に専念しその技術に優れていることがほとんどです。しかし不妊治療専門病院は大きな町や市に集中しており、通うことに大変なこともあります。通うということがストレスになってしまえばうまくいかなくなってしまうこともあります。メリットやデメリットを考えて選ぶことが大切です。

一緒に受診

悩むメンズ

男性不妊は近年注目されている言葉で、妊娠に必要な元気な精子を生み出せないことを意味していることが多いです。そこで最近では、男性も女子も一緒になって不妊治療に取り組むというケースが増え、推進しているクリニックも多くあります。

もっと読む