不妊治療専門病院で治療を受けよう|迷わず頼ることが肝心

ナース

妊娠確率の高い受精方法

体外受精

ステップアップした治療

タイニング法や人工授精で妊娠できなかったときは、体外受精へとステップアップします。どこの医療機関でも施術を受けられるわけではなく、専門の設備が必要です。大阪には体外受精で評判の良いクリニックがたくさんあります。体外受精では成熟した卵子を取り出し、元気の良い精子を選んで、体外で自然に受精させます。受精卵がある程度まで育ったら、母体に戻して着床させます。卵管が詰まっていて正常な排卵ができなかったり、精子の数が少ない場合には、体外受精が効果的とされています。体外受精は現在では決して珍しい治療法ではなく、一般的な不妊治療として定着しつつあります。大阪にも千回以上の妊娠例を誇る専門のクリニックがあります。

ほかの不妊治療法も

体外受精による妊娠確率は20%〜40%とされています。人工授精の成功率が5%〜10%とされているのに比べれば、格段に成功率が高く、画期的な不妊治療ということができます。ただし年齢とともに卵子が老化し、妊娠確率が下がっていくため、できるだけ早めに取り組むことが大切です。大阪のクリニックでは体外受精で妊娠しないとき、次のステップである顕微授精に進むこともあります。大阪では古くから開業している不妊症治療専門のクリニックが多く、女性医師が常勤していたり、プライバシーに配慮されていたりして、通いやすいのが特徴です。体外受精以外にも最先端の治療を受けられ、男性不妊に対応しているクリニックもあるので、気軽に相談してみると良いでしょう。